とりあえず、芸能・ドラマ・社会ネタを多く扱っていきますミャ★。よろしくお願いします。


by gtt1469
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「対比」「対立」のおもしろさ(4)〜料理編〜

 さて、「対比」「対立」のおもしろさ(1)〜(3)で、例えば、女の子が女の子だけの視点だけではなく、男の子の視点をもつと、魅力的になる(上戸彩)などの記事を書きました☆。物事を1つの視点から眺めるのではなく、別の角度(2つ目の視点)から眺めることができる人が、魅力的だということです。

 矢田亜希子主演、「マイリトルシェフ」は、レストランを舞台にしたドラマでが、皆さんはみましたか???
 実は、矢田亜希子さん、初の主演連続ドラマなのですよ〜。

 「マイリトルシェフ」の矢田亜希子さんの父親、鴨沢シェフの言葉です。

  料理は、おいしいだけでなく、食べる人の心を幸せにしなければいけない

 対比の視点(2つの視点)です。
 おいしいだけじゃダメなのです。
 おいしい料理はいくらでもあります。
 でも、おいしい+????になれば、非常に魅力的な料理になります。
 心が幸せになる料理なんて、そう多くはありません。
 だからこそ、そのような料理が作れれば、そんなレストランは流行ります。
 2つの視点をもつ=魅力的になる=成功への秘訣 なのです。

 gttの近くのトンカツ屋さんは、「肉だけじゃなくて、野菜もちゃんと食べなきゃ」
と言って、キャベツを余分に出してくれます。
 客の健康状態を気遣ってくれているのです。
 非常に幸せな気分になれます。
 もちろん、そのトンカツ屋さんは、おいしいですから、おいしい+幸せな気分
という、2つの視点をもった料理を出してくれるわけです。
 非常に魅力的で気配りのできるお店なので、また食べにいこうという気になれます。
 結果的に、お店は成功します。
 対比=魅力的というのは、人間だけでなく料理にもあてはまるようです。
 このように、「魅力的な人間になるには?」「成功するには?」といった疑問に対する答えを、「マイリトルシェフ」というドラマが教えてくれています。
 意外なところに、成功への鍵が落ちているのです。

 しかも、シェフの矢田亜希子さん、料理を作り始める前に、「う〜ん」と考え込んで、こんなことを言います。

 その方が素敵☆

 「その方が」ということは、料理Aと料理Bを頭の中で比べているわけです。
 やはり、2つを比べる=対比の視点です。
 料理Aだけが、頭の中にあるより、料理Aと料理Bを比べてみて、よりbetterと思われる方を作るほうが、おいしい料理ができます。
 矢田亜希子さんがこのセリフを言う時には、その料理は客から絶賛されます。
 やはり、2つの視点なのです。
 料理を作る時でも、物の考え方でも、とにかく、いろんな場面で、対比は役立ちます。
 
  
 
[PR]
by gtt1469 | 2004-11-29 22:10 | 対比・対立