とりあえず、芸能・ドラマ・社会ネタを多く扱っていきますミャ★。よろしくお願いします。


by gtt1469
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

伊東美咲がレコード大賞で初司会に挑戦!

b0067213_16111229.jpg
 女優、伊東美咲ちゃん(27)が31日放送TBS系「第46回輝く!日本レコード大賞」で初めて司会を務めることになりましたミャ。

 今年は、目覚ましい活躍を見せた女優として大抜擢された伊東美咲ちゃんは「そう思っていただけるのはすごく嬉しい。チャレンジを通じ自分を成長させたい」と緊張気味にあいさつしたのですガー。

 今回で同番組の司会は9回目となるタレント、堺正章さん(58)から「一番は平常心で。あと、ご自分の楽しみ方を見つければ」とアドバイスされると、美咲ちゃんは、笑顔を見せた。

 伊東美咲ちゃんといえば、「天気予報の恋人」「クニミツの政」など、ドラマで大活躍ですガー。

 鼻が高く、キリッとした表情に、男性だけではなく、女性までも惹き付ける魅力をもっているんだガー。

 ちなみに、美咲ちゃんは、映画にも出演しているミャ。記憶に新しい、「呪怨」「黄泉がえり」などに、主演ではないものの、個性輝く脇役として出演しておりまする。

 今まで、脇役ばかりだった、美咲ちゃんですが、なんと、ついに、主演で、映画に出演することになったのですガー。現在、放映中の、「海猫」ですミャ。

b0067213_16201424.jpg
 美咲ちゃん、★☆★CONGRATULATIONS!!!★☆★
 これをきっかけに、どんどん活躍の場を広げていってほしいガー。
 「海猫」は、「ハウル」と同時期の放映だから、ちょっと不利な感じもしますが、美咲ちゃん、初の主演映画、ぜひとも、gttも見に行きたいと思っておりまする。

b0067213_16233011.jpg
 「海猫」は、あの「失楽園」(W不倫という禁断の愛を性描写して、社会ブームを引き起こしました)を成功させた、森田監督の作品なのですミャ。

 しかも、脚本は、あの、筒井ともみなのですガー。

 森田監督と筒井ともみさんのコンビは、「それから」「失楽園」「阿修羅のごとく」などなど、すばらしい作品が多いですガー。

 「海猫」は、北海道の漁村が舞台で、美咲ちゃんには、当然、森田監督だけあって、「濡れシーン」もあるのですガー。

 森田監督は、美咲ちゃんのことを、「デジタルなこの時代に、アナログなイメージを喚起させる華だ」と、美咲ちゃんにゾッコンなのですミャ。

 これは、究極のラブストーリーの予感がいたします。
 セカチュー以来、純愛ブームになっていますが、「海猫」もまた、美しいシーンがいっぱい登場しそうですガー。

 でも×②、gttが、映画館のそばを通ったときには、チケット売り場には、「海猫」ではなくて、「ハウル」の方に、長い列ができてましたミャ。

 やっぱり、「ハウル」と同時期に公開というのが、かなり不利でございまする。

 ちなみに、ある新聞での「海猫」の講評は、散々なものでしたガー。

 美咲ちゃんの演技にキレがないとか...

 でも、美咲ちゃんは、あんなキリッとした美しい顔の持ち主です。
 もし、演技にキレがないとすれば、それは、美咲ちゃんのよさをうまく出しきれなかった、監督の責任なのですミャ(怒)。

 ちなみに、「海猫」には、佐藤浩市さんや、ミムラちゃんも出演しておりまする。

 キャストは、けっこう、豪華だと、gttは思いますミャ。
 もし、興味をもった人は、ぜひ、見てください。

 

 
[PR]
by gtt1469 | 2004-12-11 16:43 | 芸能ニュース