とりあえず、芸能・ドラマ・社会ネタを多く扱っていきますミャ★。よろしくお願いします。


by gtt1469
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

地上波初登場!!! 「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」

謹賀新年
明けましておめでとうございます。昨年、gttのブログにお越しくださったみなさん、コメントを残していただいたみなさん、ドラマや映画などのエントリーをしていただいたみなさん、本当にありがとうございました。2005年度もgttのブログをどうか、どうか、よろしくお願いいたします。

 さて、gttが、2005年度一番にブログいたしますのは、1月2日の19:00から、地上波初登場の映画、「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」に関してですミャ★。


 b0067213_0514862.jpg この映画は、 1997年1月から3月までフジテレビ系列で放映されたシリーズ「踊る大捜査線」の映画版2なのですガー。

 警察機構を「本店」=警視庁と「支店」=所轄・湾岸署という会社組織に置き換え、権力争いや署内の人間関係を描き、 アクションを主軸とした従来の「刑事モノ」の路線とは一線を画した「全く新しいタイプのドラマ」として好評を博し、 以降生み出された刑事ドラマに、数多くの影響を与えたのですミャ。
 
 ドラマシリーズを皮切りに、2つのスペシャル特番を経て、翌年98年10月に「踊る大捜査線 THE MOVIE」が封切られるや、 空前のメガヒット!年を跨いでの興行で興行収入101億、動員700万人、日本映画興行史上歴代5位という驚異的な成績を残したのですガー。 またビデオ・DVDリリースで当時数々の売上日本記録を樹立する等、「踊る大捜査線」シリーズが、あらゆるメディアにおいてムーブメントを作り上げた事は記憶に新しい現象ですミャ。
 
 また、普及途上にあったインターネットでは、ファンとの相互コミュニケーションから社会現象まで発展した最初のケースとなり、公式サイトへの会員登録者は異例の2万人を集めたのですガー。
 
 そして、5年後、「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」が作られたのですミャ。

2005010113b0067213_0544194.jpg この映画は、ほとんどの方がすでに見られていると思いますが、道案内、迷子、交通渋滞整理など地味な業務が日常を占めていた湾岸署に、特別捜査本部が設置される殺人事件が発生するのですガー。 折しも、湾岸署管内には、複数の凶悪事件が連続して発生し、青島、すみれ、雪乃、和久らは、捜査に取りかかっていた。 殺人事件特捜本部長には、初の女性キャリア沖田が任命され、室井がそのサポートをすることになるのですミャ。この沖田というのが大変なくせ者で、所轄を馬鹿にしており、所轄の捜査員は組織のコマとしかみてないのですガー。沖田管理官のセリフ「事件は会議室で起こっている」という発言は、青島に対する挑戦なのですミャ★。

 青島らの必死の捜査をあざ笑うがごとく、第2の殺人事件が起きるのですガー! 第一発見者から重要な証言が得られ、被疑者に辿り着くために、 本庁へ栄転した真下が特命を受け、湾岸署に呼び寄せられる。交錯する様々な事象、動機の見えない殺人事件、警察機構内部に蠢く不穏な動き、 そして、日々”増殖”するお台場は、捜査員達の目をくらましていく。地図上にない道が存在し、新たなトンネルが建設され、大都会の中の迷宮と 化したこの街から、青島ら湾岸署員は、被疑者を確保できるのか??? というのが全体のストーリーですガー。

b0067213_101075.jpg 実は、地上波初になるこの映画を見てもらおうと、12月30日と31日に、「踊る〜」のドラマ全話が一気に放送されたのですガー。「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の視聴率を取ろうというフジテレビの魂胆が見え見えなのですガー。もちろん、これは、真下さんや室井さんが主演の映画をヒットさせるためのフジテレビの戦略でもあるのですガー。さらに、ドラマのCMの間に、しつこく、1月の新ドラマの宣伝もしまくっていたのですミャ。やはり、2005年度も、フジテレビはドラマに対して気合いが入っているのですガー。

b0067213_14431.jpg さて、「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」は、まだ見ていない人も1回みた人も、ぜひぜひもう1度見てほしいですガー。2、3回見てもおもしろい、興奮する映画ですガー。

 室井さんが、沖田管理官に代わって指揮をとるときのセリフなどには、かっこよすぎてしびれるものがありますミャ。それに、青島の、「レインボーブリッジ、封鎖できません」というセリフもなんかかっこいいので、gttは大好きですガー。


b0067213_163625.jpg それに、すみれさんのセリフ、「私たちは、やってはいけないと言われるような仕事をしているんですか?」という言葉にもジーンとくるものがありますガー。すみれさんの、こうした強気で信念をもった仕事の姿勢は大変gttも共感いたしますガー。

 でも、そのすみれさん...なんと...犯人に撃たれてしまうのですガー。gttが映画館でそのシーンを見た時には、さすがに唖然としてしまいましたミャ。劇場も、「ええっ!!! マジで!!!」などと、一瞬、騒然といたしましたガー。でも、すみれさんは、なんとか一命を取りとめるのでよかったですガー。

 でも、この映画は、雪乃さんの見せ場がない気がいたしますガー。

 それに、印象に残ったシーンと言えば、青島と室井が湾岸署内の自販機がある場所で、隣り合わせに座るシーンですガー。以前、背中を向き合わせて座っていた場面との対比がおもしろいですガー。青島と室井が、心理的にさらに近くなった証拠ですミャ★。

 仕事上、同じ信念をもった人が近くにいるということは、自分の励みにもなるし、大変、すばらしいことだとgttは思うのですガー。

 さて、新年初のブログは、「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」に関してコメントさせていただきましたガー。

 実は、鈴木亜美ちゃんが、エイベックスに移籍するというニュースもあり、どちらをブログしようか迷ったのですが、鈴木亜美ちゃんのことは、とりあえず、エイベックスに移籍したという事実だけ、皆さんに報告させていただきますガー。

 それでは、1月2日の「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」をぜひぜひ見てください。
[PR]
by gtt1469 | 2005-01-01 01:16 | 映画