とりあえず、芸能・ドラマ・社会ネタを多く扱っていきますミャ★。よろしくお願いします。


by gtt1469
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「ごくせん」 −第3話ー

 「ごくせん」の第1回が驚異的な視聴率だったので、gttは第2話を見ましたミャ★! なかなかおもしろく、かつ、少し泣けそうな感じのストーリーでとてもよかったですミャ。特に、「喧嘩が強いことが人として強いことではない。守るべきものを守れる強さがあればそれでいいんだ」というヤンクミのセリフは、心に響きましたガー。

 さて、気になる第3話のストーリーを先取りしてみますミャ。


 小田切(亀梨和也)と矢吹(赤西仁)を名乗る何者かが暴れ回ったのが原因で、黒銀学院に対立する他校の生徒たちが多数押しかけ、口々に「小田切と矢吹を出せ!」と叫ぶ騒ぎが起きますミャ。久美子(仲間由紀恵)は、この生徒たちを気迫で退散させるのですガー。

 前回のシリーズにもこういう冤罪事件を扱うストーリーがありましたが、それに似ているのですかミャ????

 当の小田切と矢吹から直接話を聞いた久美子は、「何もしていない」という2人の言うことを信じ、何としても真相を突き止めようと思うのですミャ〜。この辺がヤンクミらしいですガー。必ずヤンクミは生徒の言うことを信じるのですミャ♪。

 まもなく、3Dの生徒たちは、小田切や矢吹の無実を証明するために、似顔絵を作って犯人捜しを始めるのですミャ。同時に、所轄の刑事・鬼島(高杉亘)は、最近、若者グループによる事務所荒らしやひったくりが頻発している、と久美子に話すのですガー。

 翌日、久美子は、学院にやってきた鬼島から、小田切と矢吹が窃盗の容疑で逮捕されたことを告げられるのですガー。おそらく、これはまた冤罪事件の一種で、みんなが力を合わせて無実を証明するというパターンですかミャ???

 事件の現場となったのは、学院近くのブティック。店内で、小田切の学生証が見つかり、防犯カメラに黒銀学院の制服を着た2人組が写っていたのですミャ〜。この話を聞いた猿渡(生瀬勝久)は、退学処分もありうると顔を曇らす。この教頭は、あまり生徒たちを信じるというタイプの教師ではないけれども、gttはなぜか憎めないキャラだと思いますガー。

 そんな中、久美子は、土屋(速水もこみち)や武田(小池徹平)から、工藤(小林且弥)という人物のことを聞くのですミャ。昨年まで黒銀学院に在籍していた工藤は、卒業間際に事件を起こして退学処分を受けた男。前夜、小田切や矢吹と一緒にいた土屋らは、工藤が率いる不良グループに呼び止められたのですミャ。その際工藤は、小田切に自分たちのグループに入るよう迫ったらしいのですガー。感のいい方なら、これで真相がある程度明らかになったと気づくはずですガー...そうですミャ!!! おそらく、この工藤が事件を仕組んでいるのですミャ。

 この話を聞いた久美子は、事件が全て工藤のグループの仕業だと察知しますミャ。3Dの生徒たちとその居場所を突き止めた久美子は、1人でそこに乗り込んで—。後は、いつものパターンですが、ヤンクミの決め台詞が楽しみですミャ〜。

 次回の「ごくせん」にも期待ですミャ!
[PR]
by gtt1469 | 2005-01-22 22:18 | ごくせん