とりあえず、芸能・ドラマ・社会ネタを多く扱っていきますミャ★。よろしくお願いします。


by gtt1469
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

新フジテレビドラマ、「優しい時間」ーーー出演者、絶対の自信と天使の歌声ーーー

 フジテレビ系で来年1月13日スタートの連ドラ「優しい時間」(木曜午後10時)の制作会見が7日、都内ホテルで開かれたんだミャ。

 主要キャストと脚本家、倉本聰氏(69)が出席した模様です。

 倉本聰といえば、「北の国から」で有名な脚本家だミャ。「富良野塾」という脚本家や俳優の卵を育てる塾(授業料はなんと無料! 地元の富良野で働いて、お金を稼ぐのです)も経営しておりまする。

 さて、「優しい時間」、主演の寺尾聰(57)「自分自身が早く観たい」と自ら太鼓判を押しているくらい、すばらしいドラマですガーー。

 なんと、あの大女優の、大竹しのぶ様、長澤まさみちゃんも出演しているのです。

 人気シリーズ「北の国から」に続き、倉本氏が居住地の北海道・富良野を舞台に送るドラマ第2弾ですミャ。既に10月から撮影が始まり、会見に先立ち5分ほどのダイジェストを上映。「父子の絆」「純愛物語」の一端が明かされた模様。

 「このドラマは深く静かに胸に染み込んでいってくれると思います…いや、くれます」

 寺尾さんは、静かな口調ながら初主演の連ドラに自信をうかがわせた。「皆で同じ宿で寝食を共にしながら、撮影はとても良い感じです。力まずに、意気込まずにやりたい」と、肩の力を抜くあたりはさすがベテラン俳優ですガーー。
 
 寺尾さんの亡妻役の大竹しのぶ様(47)、息子役の嵐の二宮和也(21)(gttはこの人を知りませぬ)、寺尾さんが営む喫茶店の従業員役の長澤まさみちゃん(17)も会見に出席しているガーーー。

 交通事故で死亡した設定のため“幻”として出演する大竹様だけはまだ撮影に入っていないが、「人と人の間の空気が良いものが流れている。今は声も聴かずに何でもメールの時代。それだけに素敵な役で嬉しい」と、撮影を心待ちにしていたそうですガー。
 
「またも富良野からのドラマになってしまいました」という倉本氏だが、「『北の国から』とは全然別のドラマになる。富良野にもいろんな世界がありますから」と、『北の−』との違いを強調。

 う〜ん。また、富良野かぁって感じがするけど、富良野にもいろんな風景があるみたいだから、「北の国から」とは違った角度の富良野が楽しめそうでございまする。でも、本当に、倉本さんは、富良野が好きなんですね。

 gtt芸能の取材によると、第1話には、なんと×②、あの「Dr.コトー診療所」で、名役を務めた、時任三郎おじさま手塚理美さん、第2話に田畑智子さんなど、毎回豪華ゲストが出演するそうだミャ。

 寺尾さんは「ぜひ見続けてほしい。視聴率はともかく、本当にドラマ好きの人には絶対満足してもらえる」と断言。相当の自身だガーー。

 実は、フジテレビのドラマといえば、「プライド」「愛し君へ」「東京湾景」「ラストクリスマス」みたいな月9が、有名ですが、それ以外のドラマでも、かなりの視聴率をあげている作品、すばらしい作品が」あるのですガーー。

 またもや、gtt芸能が、情報収集した範囲で、簡単なストーリーを紹介してみますガーー。

 元暴走族だった拓郎(二宮和也)は、運転ミスで助手席にいた母親を死なせてしまう。(もう、はじめから、涙・涙・涙のストーリーです)その半年後、エリート商社マンだった拓郎の父・勇吉(寺尾様)は、仕事を辞め(もったいないですガーーー。だって、エリートですよ、エリート。息子の運転ミスはあまりにも重罪だガーー)、妻の故郷・富良野で、コーヒー店を開く(喫茶店というのが、寺尾様にはあってるガーー。エリート商社マンという感じじゃないもんね)。といった、そんな、涙涙のスタートですミャ。
 
 ラストクリスマスといい、フジテレビは、なんか不幸をドラマのネタにすることが多いのは、gtt芸能の気のせいですか????

 でも、ドラマの質は、明らかに、フジテレビ>TBS>>>>>>>>>>>テレビ朝日=日テレ のような気がしますガーーー。

 みなさんはどう思われますか???




b0067213_2263070.jpg
 しかも、このドラマにはもう1つ大きなネタがあるのです。
 なんと、主題歌を、あの平原綾香姫が歌うのですガーー。タイトルは、「明日」という名前ですガー。

 今回の、会見の最後に、姫が登場。

 実は、これには秘話があるのですガー。

 脚本家の、倉本さんが、「(今年4月の)テレビ番組で平原さんが『明日』を歌っているのを聴いて、『来年1月まで(この曲を)あまり使わないで』」と平原さんにお願いしていたのです。

 大御所富良野脚本家は“天使の歌声”に惚れこんでいたのです。

 たしかに、平原姫の、歌声は、すごいいい声ですミャ。
 
 こう考えてくると、「優しい時間」はストーリーも、歌も、満足度200%な感じですガーー。

 制作会見で、姫は、「今日ダイジェスト版を観て、涙が出そうになりました」と感動を胸に、「明日」を熱唱したのでありまする。

 寺尾さんらキャスト陣も壇上で聴き入り、優しい歌声に大きな拍手を送ったそうです。

 姫は、挿入歌「ありがとう」も担当します。

 これは、ひょっとすると、今度の月9なみにブレイクするかもしれませぬ。ただ、月9は、竹内結子穣が主演ですから、強敵ですガー。

 でも、フジテレビ内で、視聴率を争ってもしかたないか...

 みなさん、冬ドラに期待しましょう。
[PR]
by gtt1469 | 2004-12-08 22:16 | 新ドラマ情報