とりあえず、芸能・ドラマ・社会ネタを多く扱っていきますミャ★。よろしくお願いします。


by gtt1469
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

新日曜劇場「Mの悲劇」をレポート:謎多きドラマ:

b0067213_2122516.jpg TBSの日曜9時枠の日曜劇場「夫婦」(最終回視聴率18.1%)が無事、最終回を迎えました。田村正和さん・黒木瞳さん・加藤あいちゃんなど、なかなか豪華なキャストでしたが、ラストクリスマスに押されてか、最終回の視聴率は20%を超えませんでしたガー。
 さて、次回の日曜劇場は新月9よりも1日早いスタートを切る、1月16日(日)スタートの「Mの悲劇」ですミャ★。

 主演は稲垣吾郎君と長谷川京子ちゃんですガー。吾郎君といえば、映画「催眠」菅野美穂ちゃんと共演したことが、一番に頭に思い浮かびますミャ。

 その他のキャストのみなさんは、何気にうまい演技を見せてくれて、「美女か野獣」「白い巨塔」「クニミツの政」に出演していた佐々木蔵之介さんや、他には、吉岡美穂ちゃん・成宮寛貴君・吉行和子さんなどが出演いたしますガー。

 キャストだけで評価するならば、日曜劇場だけあって、吉行和子さんなどの大女優を抜擢していますが、あからさまに視聴率を取れる俳優さんは、吾郎君以外には出ておりませんガー。美穂ちゃんも成宮君も、まだ、成長中の俳優なので、まだmだこれからですガー。

 さて、それでは、分かる範囲でgtt芸能がストーリーを追ってみますミャ。

 安藤衛(稲垣吾郎君)は、幼い頃、家に泥棒が入った時のことを“原体験”のように心に刻んでいる。それからというもの衛は危険を回避することこそ幸福の秘訣と考えるようになっていたのですガー。なんかかわいそうな設定ですミャ。小さい頃のトラウマというやつですガー。

 そんな吾郎君なので、大学を出て迷うことなく「安全を売る」警備保障会社に就職するのですガー。そのすぐれた危機回避能力を認められた衛は、瞬く間に頭角を現わしていくのですミャ。トラウマを武器に、頑張って生きているのですガー。
 
 吾郎君は、専務の島谷隆太郎(伊武雅刀さん)(この人、「白い巨塔」に出てませんでしたっけ?)に目をかけられ、その美人令嬢・島谷有紀(岡本綾ちゃん)との婚約を目前にして今、幸福の絶頂にいたのですガー。しかし、そこはTBSのドラマですガー。人生はどこに落とし穴が潜んでいるかわからないのですミャ。

 その夜、電車で商談に向かっていた吾郎君は、大きな落とし穴に転落してしまうのですガー。ある事件に巻き込まれた吾郎君は、ひとりの女(長谷川京子ちゃん)に、犯人に間違われた挙句、それが原因で仕事もうまくいかなくなってしまうのですガー。なんと、なんと、こんなにも危険回避に命をかけていた吾郎君にさえも、こんな不幸が襲ってくるのですミャ(泣)。

 吾郎君はどんなに安全を心掛け、危険を回避しようと努めても、運命には逆らえないと思い知ってしまうのです。しかし、それだけの不幸では終わらないというのが、ドラマの宿命なのですガー。それはまだ、悲劇のほんの始まりに過ぎなかったのですミャ。
 b0067213_2254487.jpg あの女と出会ってしまったために引き起こされる、悲劇の数々。やがて、衛の人生の歯車が大きく音を立てて、狂いだす…といった感じのストーリーで、かなりの悲劇が吾郎君を襲うことになりそうですガー。その原因が長谷川京子ちゃんなのですミャ。なぜ...なぜ...吾郎君を追いつめる必要があるのか、まったくもって謎の女でございますガー。吾郎君は、エリート社員なのに、京子ちゃんとの出会いによって、事件に巻き込まれ、失脚してしまうのですガー。gttは、別に吾郎君のファンではないので、積極的に応援する気持ちはないものの、そんなgttでさえ、手を差し伸べたくなる吾郎君ですミャ。

 成宮君は、これまた謎の存在で、現場の警備員なのですが、仕事と関係なく、吾郎君に近づいてくるという分けの分からない人物なのですガー。

 しかし×②、「敵がいれば、味方もいる」ですガー。愛嬌たっぷりで、そういう役柄にもイメージにもぴったり合う佐々木蔵之介さんが、吾郎君のよき相談相手になってくれるのですミャ。しかも、かなり冷静な判断力をもつ人物なので、なんとか、吾郎君を支えてあげるのだガーーーーーーーー!!!。

 なんせ、このドラマには謎が多すぎますガー。なぜ、京子ちゃんが、吾郎君につきまとうのか...真相はその辺りにありそうですガー。
 
[PR]
by gtt1469 | 2004-12-26 21:52 | 新ドラマ情報