人気ブログランキング |

とりあえず、芸能・ドラマ・社会ネタを多く扱っていきますミャ★。よろしくお願いします。


by gtt1469
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

“新幹線路”を2キロ爆走した31歳無職男 “新幹線路”を2キロ爆走した31歳無職男


 今日は、久々の社会ネタブログなのですガー。なんと、新春マラソン? を新幹線の線路で行ったスーパーマンがいるのですミャ★

 東北新幹線宇都宮駅で11日朝、半袖姿の男(31)がホームから飛び降りて線路を爆走。あっけにとられる通勤客らをよそになんと2キロも走り、非常通報で反対から来た「はやて・こまち」が男の1キロ手前で緊急停止。運転士らが取り押さえたが、上下線が全面ストップする騒ぎに。調べてみると、運行中の新幹線線路上を走った距離は新記録なのですガー。

  騒ぎは通勤ラッシュの続く11日午前9時40分ごろ、東北新幹線宇都宮駅で勃発しましたミャ★。スーツ姿の通勤客とは対照的な白い半袖Tシャツ姿に黒ズボン姿で上りホームに姿を見せた男は、約2.5メートル下の線路に飛び降りると、下り線路を上り東京方向に走り始めたのだ。

 気温も寒く、無風状態だったので、絶好のマラソン日和でしたミャ。

 目撃した駅員が停止信号を点滅させる非常列車防護スイッチを押し、新幹線中央司令室から通報を受けた県警機動隊や鉄道警察から警察官4人が駆け付け、同様に線路上を追いかけ始めた。しかし、このとき、もはや爆走状態の男ははるかかなたまで走ってしまっていたのですミャ。

 一方、下り線路の東京寄りでは、八戸(青森)行き「はやて7号」と秋田行き「こまち7号」が連結した16両編成で、隣の小山駅を9時25分ごろ通過。同40分ごろに停止信号の点滅を確認した運転士が宇都宮駅の手前約3キロで緊急停止したのですガー。

 何事かと目をこらす運転士が線路上に見たのは、こちら向かって爆走してくる男の姿だったのですミャ。その瞬間の運転士らの表情を見てみたかったでですガー。おそらくは、文字通り、目が点になっていたことが予想されますミャ。

 ちなみに、気になる男の動機ですが、警察の調べでは、この男の供述があまりにもあいまいなので、動機は全く分っていないそうですガー。JRも、「運行時間帯に線路上を数百メートル走った例はあるが、2キロとは聞いたことがない」と驚きのコメントですガー。

 しかし、この人、何がしたかったのでしょう??? 何か記録をつくりたかったんですかミャ? でも、こういう事件を聞くと、映画の「催眠」を思い出してしまいますガー。「緑のサル」というのが心の中に存在して、人に奇抜な行動をとらせるといった感じのストーリですミャ★。

 今までも、横須賀線などの線路を走った人はいますが、新幹線を選ぶとはなかなかの勇気だと思いますガー。この影響で、新幹線にかなりの遅れが出たようですが、男があいまいな供述しかしていないため、刑事責任を問えるかどうかは微妙なところだと思いますミャ★。
by gtt1469 | 2005-01-13 01:10 | 社会・事件