人気ブログランキング |

とりあえず、芸能・ドラマ・社会ネタを多く扱っていきますミャ★。よろしくお願いします。


by gtt1469
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

「優しい時間」第1話 ー事実は悲しいー

b0067213_017933.jpg フジテレビドラマ「優しい時間」とTBSドラマ「H2」が時間的にバッティングしてしまいますが、gttは「優しい時間」をブログしていきたいと思いますミャ★
 
 「森の時間はゆっくり流れる」という謳い文句に始まるこのドラマは、倉本さんが送る、「北の国から」以外のもう1つの富良野の風景を見せてくれますミャ。第1話で出てくる、雪虫もその風景のうちの一つですミャ★。
b0067213_0311216.jpg 湧井勇吉(59・寺尾 聰)は、ニューヨークを始めとする海外駐在を永く経験してきた総合商社のエリート社員だったが、3年前、57歳で突然会社を退くのですミャ。その原因は愛妻の死だったのですガー。妻の めぐみ(当時47・大竹しのぶ)が息子の 拓郎(当時18・二宮和也)の運転する車の事故でこの世を去ってしまったのですガー。めぐみ47歳。拓郎18歳の時の出来事だった。

 勇吉は、定年後約束されていた子会社への転職の誘いも断り、めぐみの故郷である富良野に移住してコーヒーショップ「森の時計」を開いているのですミャ。寺尾さんがマスターというところがピッタリはまっている役ですガー。

 一方、息子の拓郎は、母の親友でもあった 朋子(余貴美子)の紹介で、富良野から50キロ離れた美瑛という町にある窯場「皆空窯」で、陶芸家の見習いとして修行を始めていたのですミャー。父親とこんなに近くにいながらも、事故以来、勇吉は、拓郎とは会っていない上、このことを知らないという設定せすミャ。拓郎は勇吉が自分のことを憎んでいると思っているのですミャ。だから、父親の居場所は知っていても、連絡を一切取ろうとしないのですガー。ただ、矛盾しているのは、父親と会うつもりがないのにもかかわらず、拓郎が勇吉の喫茶店から非常に近いところに住んでいるということなのですミャ★。このことは、朋子さんからもつっこまれる拓郎ですが、返答に困ってしまうのですミャ。

 しかし、拓郎はやはり、父親のことをしっかり考えているのですミャー。この辺が、このドラマらしいのですが、父親の勇吉に誕生日プレゼントのコーヒーカップを渡してくれと、朋子さんに頼むのですミャ。もちろん、自分(拓郎)からのプレゼントであることは勇吉には内緒にしたままでですミャ。
b0067213_0314243.jpg 

 そんな折、拓郎は、すぐ皿やカップを割ってしまうという習癖を持つ少女・ 皆川梓(長澤まさみ)とスーパーマーケットで出会うのですガー。注目(?)の長澤まさみちゃんの登場ですミャ。拓郎は、店でも陶器を割ってしまった梓に、「そんなものならいくらでもやるよ」と携帯電話の番号を教えるのですミャ。

 しかし、皮肉(?)なことに、長澤まさみちゃんは、拓郎の父の勇吉の喫茶店で働く従業員なのですガー。もちろん、このことは拓郎は知りませんミャ。しかし、拓郎とまさみちゃんのこの出会いが、今後、拓郎と勇吉を結びつけるキューピットになりそうな予感がいたしますガー。

ある日、「森の時計」に水谷三郎(時任三郎)・美子(手塚理美)夫妻が訪ねてくるのですガー。水谷は勇吉の会社の後輩ですミャ。水谷は、勇吉と同じように会社を辞め、美子の故郷・秋田でペンションを開くことにしたため、その参考にと思い勇吉の店を訪れたのですミャ。ペンションの設計図や完成図を楽しそうに美子は勇吉に見せるのですガー。しかし、この話には、後で、どんでん返しが待っているのですミャ★。楽しさの裏に潜む悲しさですミャ。

夕暮れ時、梓が「雪虫」が飛んでいるのを見つける。めぐみが「雪虫が飛ぶと10日以内に初雪が降る」と話していたことを思い出す勇吉。その時、懇意にしている病院から水谷の妻、美子が緊急入院したという連絡が入る。勇吉は、急いで病院に向かうのですミャ。

 そこで院長から知らされた事実は非常に残酷なものだったのですガー。なんと、美子は乳がんで、すでに、がんが肺にも転移しており、あと2、3ヶ月の命だというのですミャ。実は、三郎が美子を連れて富良野にやってきたのは、最後の旅行のつもりだったのですガー。はっきりとは断言できませんが、美子もこのことにすでに自分で気づいているのですミャ。

 つまり、秋田のペンションの話は嘘で、三郎が妻の夢につきあって、話をでっちあげているだけなのですガー。先に出てきたペンションの設計図や完成図もすべては偽物なのですガー。

 三郎は、勇吉に言うのですミャ。

 「結婚してから15年になるが、単身赴任が多かったため、計算してみると、何度計算してみても、妻と一緒に暮らした時間は5年くらいだ」

 涙、涙の泣けるシーンでしたミャ。時任三郎さんの演技もすばらしいものでしたガー。そう!!! 二人はまだ計算上は新婚同然なのですミャ。なのに、この残酷な事実...

 その頃、長澤まさみちゃんが、拓郎のもとに訪ねてくるのですガー。そして...(続きは次週ですミャ)
by gtt1469 | 2005-01-14 00:44 | 優しい時間